So-net無料ブログ作成

旦那さんがうつ病と診断された場合 [心の病気]

m008-040.jpg
現代社会で生きていく中で、ストレスを感じることなく生活している方は少ないと思います。誰もがストレスを感じて生きているからこそ、いつ何時、自分の身にうつ病が襲い掛かってくるかもわかりません。もし、あなたの一番身近にいる旦那さんがうつ病と診断された場合、あなたはどのように対処しますか?





やはり、一番身近にいる大切な人ですから、早く良くなって欲しいと願うのは当たり前のことですよね。

でも、「頑張って!」「早く良くなって!」などと励ましてはいけないということもよく聞きます。

励ましたりするのは逆効果になってしまうことがほとんどで、精神的に弱っている方からすれば、非難されているのと同じなんだそうです。

そんなことをいっているつもりはなくても、相手に自分は何もできない人間なんだと思わせてしまいます。

旦那さんがうつ病だとわかったら、旦那さんの負担を減らしてあげるべく、仕事を思い切って休むことを勧めてあげましょう。

どうしても休めないようであれば、休日はゆっくりと休む時間をとってあげて下さい。

体も心も落ち着かせる時間が何よりも必要なのです。

ゆっくりと過ごす時間が取れた時には、旦那さんの話を聞き上手になって、じっくりと聞いてあげて下さい。

旦那さんとの会話で、旦那さんがどのような感情を持っているのか理解して、旦那さんの話に共感を示すことが大事なのです。

何か大きな決断で迷ってしまい、追い込まれてうつ病になったとしても、その時に大きな決断を迫るのは止めましょう。

精神的に追い込まれている時に決断をしても、何も良いことは生まれません。

すぐに良くなろうとするのではなく、時間をかけてゆっくりと治療していけば良いという気持ちをあなたご自身が持つように心掛けて、できる限り温かく旦那さんと接してあげて下さいね。

うつは自分で治せます。

うつは自分で治せます。

  • 作者: 吉家 重夫
  • 出版社/メーカー: 万来舎
  • 発売日: 2017/12/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます