So-net無料ブログ作成

うつ病で休職はできるがこれだけは気をつけたい [うつ病総論]

うつ病で休職はできるがこれだけは気をつけたい

うつ病では休職出来ないと想定している人もいるんですが、それは早合点です。うつ病は休職の理由として認められています。安心して鬱病による休職を願い出てください。受け入れなければ会社側が間違っています。





うつ病になればわかりますが、別にサボるつもりではなく、働こうという意志があってもでそれず実行できないことはあるのです。

無理に尻を叩いてもストレスが溜まるだけですから、それは逆にうつ病を悪化させるモト。

無理をしないで、職務を休職するのは当然ありえる選択肢です。

しかし、そこにはちょっと誤解があって、自分の都合で休職はできないのではないか、と思う人もいるでしょう。

世の中は厳しいですから、休職して自分の居場所を失うことも十分ありますから、そう思うことでしょう。

ただ、長期的な視点も大事ではないでしょうか。

その状態で無理矢理仕事を続けたとして、十分に成果を挙げられないだけでなく、ますます症状が悪化してしまう可能性もあります。

つまり、いいことはひとつもないということです。

勇気を持って休職することで、治療に専念できます。

もちろん、休職期間中は仕事を忘れるようにしましょう。

もちろん、それは理想ですけどね。

実際には、将来が不安になり、なかなか頭から離れないでしょう。

でも、それを回避するために仕事を思い出してしまったら、早く治そうという焦りから、結局治っていないのに職場復帰せずにいられなくなってしまうのです。

でもそれは、何のために休職したのか、わからなくなります。

症状が悪化してしまったり、また以前のような症状に戻ったりしんねません。

それは避けなければなりませんね。

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

  • 作者: 田中 圭一
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/01/19
  • メディア: 単行本


nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます