So-net無料ブログ作成

産後うつとマタニティーブルーの比較 [うつ病総論]

産後うつとマタニティーブルーの比較

産後うつって聞いたことありませんか。あるんですよね、産後鬱。最近になって認知されてきましたが、マタニティーブルーと並んで、女性が考えなければならないうつ病の一つとして、「産後うつ」といううつ病があります。今日はそれについて書きます。





普通は、「おめでた」ですからめでたいんです。

なのに、どうして「うつ病」になってしまうのか。

産後うつとは、産む前ではなく、産後に気持ちが落ち込んでしまうのです。

一方、マタニティーブルーというのは、妊娠中に気分が落ち込んだり、出産後、間もなく起きたするうつの症状を指します。

ただし、うつ病と違うのは、どちらかというと精神というより、ホルモン由来のものを指します。

妊娠中に、出産時や出産後のさまざまなことが不安になってうつ症状が出たり、出産後に一気に減る女性ホルモンの影響で気分が落ち込む症状を言うのです。

まあ出産後すぐに症状の出るマタニティーブルーは、半分くらいの人に何らかの症状が出ると言われており、お産後2~3日で起こり1ヶ月くらいのうちに治ると言われています。

一方、産後2週間後以降から出るうつ症状を産後うつといいます。

気分の落ち込みだけでなく、イライラしたり、突然不安になったり、場合によっては動悸や息切れといった肉体的な症状が出ることもあり大変です。

また、産後うつとマタニティーブルーの決定的な違いは、産後鬱は短期間で治らないということです。

出産後、里帰りなどによって子育ての支援が受けられたりすると、産後うつは起こりにくくなると言われています。

でも、性格などもありますから、一概に「里帰り出産なら産後うつにはならない」とは言い切れないのが悩ましいところです。

ただ、特に、身近に子育てについて相談できる両親や友人などがおらず、一人で子育て全般をしなければならない状態だと陥りやすくなるから注意が必要です。

これからはじめる周産期メンタルヘルス: 産後うつかな?と思ったら

これからはじめる周産期メンタルヘルス: 産後うつかな?と思ったら

  • 作者: 宗田 聡
  • 出版社/メーカー: 南山堂
  • 発売日: 2017/04/24
  • メディア: 単行本



nice!(19)  コメント(0) 

nice! 19

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます