So-net無料ブログ作成

うつとアスペルガー、糖尿、難聴の気になる関係 [うつ病総論]

うつとアスペルガー、糖尿、難聴の気になる関係

アスペルガーはうつになりやすい、糖尿病になると、うつ病を併発しやすい、難聴とうつ病には関係がある、といったことは聞いたことありませんか。今回は、うつとアスペルガー、糖尿、難聴との気になる関係について率直な結論を出してみたいと思います。



アスペルガーだと睡眠障害やうつになりやすいか


アスペルガーだと睡眠障害やうつになりやすいといいますね。

率直に結論を申し上げると、本当のことです。

アスペルガーだと、脳の構造上、睡眠障害になりやすいと言われているのです。

睡眠障害になると、日中に強い眠気が出て、日常生活に支障をきたすことがあるでしょう。

また、睡眠障害により、心身のバランスを崩しやすくなり、自律神経失調症を引き起こします。

そして、身体の様々なところに不快な症状が表れたり、脳内物質が異常に分泌されてしまって、うつ病になってしまうことがあるわけです。

つまり、アスペルガーと睡眠障害やうつには、密接な関係があると言えます。

アスペルガー自体は先天的な要因ですが、その先天的な要因と後天的な要因が重なってしまいやすいのです。

アスペルガーのつらさはなかなか他人に理解してもらいにくいため、それがストレスとなり、さらに睡眠障害やうつが悪化するということも考えられます。

このような場合、病院で症状に合わせた薬を処方してくれますから、一人で悩まないことが非常に大切です。

糖尿病になると、うつ病を併発しやすいか


糖尿病になると、うつ病を併発しやすいという話があります。

率直に結論を申し上げましょう。

糖尿病になると、うつ病を併発しやすいといわれています。

では、どうしてうつ病を併発しやすくなるのでしょうか?

それは、糖尿病が原因で生活の質が低下し、強いストレスを感じるようになるからです。

糖尿病になってしまった場合には、今までの食生活を一から見直さないといけないので、ストレスが非常に溜まります。

また、運動が嫌いな人でも適度に体を動かさないといけませんし、睡眠の質を高めるために以前よりも早く寝ないといけません。

さらに、病院にも定期的に通院する必要がある上に、糖尿病の症状とも付き合っていかないといけないので、以前よりも生活しづらくなります。

そうすると、「このような生活をいつまで続けないといけないのか?」とか、「どうして自分だけ糖尿病になってしまったのか?」といったことを考えるようになり、だんだん気分が塞ぎこんでいくでしょう。

その結果、うつ病を発症するというのが最も多いパターンです。

特に責任感が強い人、神経質な人、不安感の強い人は、糖尿病が原因でうつ病を発症する可能性が高いので、くれぐれも注意してください。

難聴とうつ病には関係があるか


難聴とうつ病には関係があるという話があります。

難聴とうつ病には関係があるといわれていますが、本当なのでしょうか?

率直に結論を申し上げます。

結論からいうと、本当です。

うつ病になると、難聴を併発させる可能性があります。

うつ病も難聴もストレスによって引き起こされることが多く、同時に発症しても何もおかしくありません。

また、うつ病と難聴のどちらかになったショックが原因で、もう片方を発症させてしまう場合もあります。

つまり、難聴になるとうつ病になりやすいですし、うつ病になると難聴になりやすいと思ってください。

両方を併発しないために大事なことは、早期発見、早期治療を心がけることです。

治療が遅れてしまうとそれだけ治りづらくなるので、何か異変を感じた場合は早めに病院に行くようにしてください。

仮にそのまま放置してしまうと、難聴やうつ病だけではなく、他の症状も色々現われてしまう可能性がありますから注意しましょう。

そして、病院に行くと薬を処方されると思いますが、自己判断で飲むのを中止したりせずに医師の指示に従って服用することも大切です。




nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます