So-net無料ブログ作成

うつ病とアスペルガーの気になる関係を知りたい? [心の病気]

61a4a0f5de985b457ef13346b1ede5e3_s.jpg

うつ病とアスペルガー。一見何の関係もないこの病気と障害が、もし関係あったらどうでしょうか。その気になる関係を知りたいと思いませんか。ということで、今日はうつ病とアスペルガーの気になる関係について徹底的にやってみたいと思います。






アスペルガーだと睡眠障害やうつになりやすいというのは?

結論から述べると、本当のことです。

アスペルガーだと、脳の構造上、睡眠障害になりやすいと言われています。

睡眠障害になると、日中に強い眠気が出て、日常生活に支障をきたすことがあるでしょう。

また、睡眠障害により、心身のバランスを崩しやすくなり、自律神経失調症を引き起こし、身体の様々なところに不快な症状が表れたり、脳内物質が異常に分泌されてしまって、うつ病になってしまったりもします。

つまり、アスペルガーと睡眠障害やうつには、密接な関係があると言えます。

アスペルガー自体は先天的な要因ですが、その先天的な要因と後天的な要因が重なってしまいやすいのです。

アスペルガーのつらさはなかなか他人に理解してもらいにくいため、それがストレスとなり、さらに睡眠障害やうつが悪化するということも考えられます。

このような場合、病院で症状に合わせた薬を処方してくれますから、一人で悩まないことが非常に大切です。

家族のためのアスペルガー症候群とのつきあい方―知っていればお互いラクになる (COSMIC MOOK)

家族のためのアスペルガー症候群とのつきあい方―知っていればお互いラクになる (COSMIC MOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: コスミック出版
  • 発売日: 2015/10/22
  • メディア: ムック



nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 13

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます